FC2ブログ

全中に向けて

6月24日
いよいよ中体連総体に向けて、まずは墨田区予選が開催されました。

総体は、団体戦とシングルス。
この墨田区大会から東京都総体、関東大会、全中へと続きます。
2ヶ月に渡る、長い闘いが始まりました。

総体墨田区

1年生にとっては初めてのシングルスです。
緊張する場面も、同士討ちで悔しい場面もありましたが、先輩のしっかりした試合運びを見れたと思います。

墨田区大会
 ■団体戦
   優  勝  安田学園中
 ■シングルス
   優  勝  中川 泰雅(3年)
   準優勝  廣田 遼太朗(3年)
   第三位  杉本 和祇(1年) ・ 丸山 蒼葉(2年)

シングルスでは安田学園の選手たち全員が東京都総体に進むことができました。
東京都総体は、7月30日(団体戦)と31日(シングルス)に開催されます。
期末テストもあり、なかなか練習時間も確保できませんが、今年は悲願の東京都総体団体戦優勝を達成すべく頑張って欲しいと思います。

国体予選

6月24日
東京都杉並区のバタフライ道場で、第73回国民体育大会卓球競技(少年男子の部) 東京都予選会 が開催されました。
この予選会には、東京都高体連から4名(インターハイ東京予選上位4名)と東京都中体連から2名(中体連推薦者)が参加しました。

午前9時からの予備抽選・本抽選に続き、練習に入りました。練習は1人1台が割り当てられます。
練習の時間からかなり緊張した雰囲気です。やはり普段の練習から緊張感を持つことが大切だと改めて感じました。

開始式の後、進行スケジュールに従って選考会が始まりました。
選考会自体もピリッとした雰囲気でした。国体本戦を見据えて、サーブや間合い等にも厳しいルールの適用がありました。

国体選考会

予選会の結果は → こちら

6名による総当たり戦の結果、安田学園中の伊藤礼博が1位となりました。
東京代表は、伊藤と、櫻井選手(実践学園高)、笠井選手(東海大菅生高)です。
3名は国体本戦出場を目指し、8月中旬に開催される 国民体育大会関東ブロック戦に挑みます。
国体本戦には宇田選手(エリートアカデミー)も合流します。何とか宇田選手と同じチームで闘いたいものです。

7~8月は都大会、関東大会、全中があります。高校生はインターハイがあります。全日本の予選等も始まる時期です。
体調管理に注意して、大きな試合の連戦を乗り切りたいと思います。

東京アスリート

安田学園中3年の伊藤礼博が、平成30年度「東京アスリート選手」に認定されました。

(本人のコメント)
東京の多くのアスリートの中から、私が推薦されたことを大変光栄に思います。文武両道を実践しながら、卓球技術の更なる向上を目指すとともに、常にフェアプレーを心がけ、将来は日本代表としてオリンピックや世界選手権大会等で活躍できる選手になるように努力いたします。日頃からしっかりと意識を高く持ち、自己成長を図ります。

東京アスリート認定制度については → こちら

東京アスリート

中体連 春の都大会(区部)

6月9日~10日
第57回東京都中学校春季卓球大会(区部)が開催されました。
春季の都大会は、(区部) と (多摩) の2ブロックに分かれて、それぞれのブロックで団体戦とダブルスが開催されます。
このうち団体戦の結果は、夏の東京都総体のシード決めの参考となります。
また、ダブルスについては、この春季大会が中体連主催の唯一の大会です。

6月9日(於:葛飾区水元総合スポーツセンター)
■男子団体戦
  安田学園中  優勝

6月10日(於:開成学園体育館)
■男子ダブルス
  廣田・関口組  準優勝
  丸山・上村組  ベスト8
  杉本・中田組  ベスト8
  伊藤・中川組  ベスト16

団体戦は春の大会で3連覇を達成しました。冬の大会を含めれば、区部では5連覇となります。いつも簡単には勝てませんが、安田学園らしいチームワークを発揮し、区部5連覇を飾ることができました。
ダブルスでは、墨田区大会で優勝した廣田・関口組が、この都大会でも苦しい試合を勝ち抜き、準優勝となりました。1年生の時から団体戦でもダブルスを組んでいた二人の見事なコンビネーションが見られました。
丸山・上村組もプレーが安定してきました。今年は全日本カデットの代表を必ず獲るという気持ちで頑張っています。杉本・中田組は1年生ペアながらよく健闘してベスト8に入賞しました。

決勝戦の相手は、関東選抜を制した実践学園です。

決勝後の反省会。厳しい試合でした。

この春季大会が終わると、次は東京都総体になります。
墨田区予選(6月下旬) → 東京都総体(7月下旬) → 関東大会(8月上旬) → 全中(8月下旬) と、長い戦いが始まります。
まずは、安田学園の悲願である7月の東京都総体での優勝を目指して、更なる努力をしていきたいと思います。東京都総体は、関東大会の予選を兼ねますので、団体戦とシングルスで開催されます。
梅雨に入って、しばらくは東京もうっとうしい日が続きます。体調管理に気を付けて、夏に備えたいと思います。

東京都中体連卓球部のホームページは → こちら

中体連 春の都大会(区部)開幕

第57回 東京都中学校春季卓球大会(区部)が開幕しました。

開会式では、主将の廣田遼太朗が優勝杯返還と選手宣誓を行いました。

kubu1.jpeg

kubu2.jpeg

6月9日は団体戦、10日はダブルス。
各区(東京23区)の予選を勝ち上がった中学校およびダブルスペアが熱い闘いを繰り広げます。
春の都大会。安田学園にとっては、団体もダブルスも3連覇がかかります。
きょうはかなり気温が高く蒸しますが、一生懸命頑張りましょう!

高校生はインターハイの東京都予選(学校対抗)があります。
中学生みんなが慕う高校卓球部の選手たち。会場は違いますが、こちらも頑張って欲しいです。
プロフィール

Yasuda Gakuen TTC

Author:Yasuda Gakuen TTC
 
安田学園中学校・高等学校卓球部の活動の様子をご紹介します。
このブログは安田学園卓球部保護者が運営するもので、安田学園の公認ではありません。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター